放射線科の紹介

放射線科の紹介

当院放射線科は、一般撮影、移動型X線装置での撮影、CT検査、エコー検査、X線TV検査、オペ室での外科イメージ操作やエコー操作などの検査・撮影を行っています。
また、夜間・休日も救急の患者さんの対応をしています。

一般撮影室

一般撮影(レントゲン)とはX線を使用する検査としては最も一般的なものです。
X線を人体に照射し、体内を透過したX線から病変や骨折の有無を調べる検査です。

X線CT室

CTとは、Computed Tomography(コンピュータ断層撮影)の略語です。
人体を輪切り画像として見ることの出来る装置です。
近年の技術進歩によって、短時間、少ない被ばくで検査することが可能となったため、患者さんの負担が軽減されます。
低線量でもノイズの少ない逐次近似応用再構成を採用することで、高画質と被ばく線量低減を両立させる事が可能となりました。
また造影剤を使用することで腫瘍などの病変部位がわかりやすくなり、3D画像を作ることで詳細な診断情報を提供しています。

X線TV撮影室

X線TV装置はX線を用い、動画でリアルタイムに見ながら検査することが可能です。
これを利用して、造影剤を用いた消化管造影検査をはじめとした各種検査、内視鏡を併用した検査など様々なことが行えます。

主にバリウム(造影剤)を飲み、食道・胃や十二指腸などの動きや形状、粘膜の状態などを観察し、がん・潰瘍・ポリープなどが無いかを調べる検査や、嚥下時の機能評価として造影剤を含んだ食事を透視下で飲み込んでもらう検査などを行っております。また整形領域の検査や処置などで使用することもあります。

エコー室(超音波検査)

主に腹部、心臓、甲状腺、頸動脈、乳房などの検査を行っています。
超音波検査は非侵襲的検査(体を傷つけない検査)であり妊娠中の方など様々な方に安全に検査が行えます。
またリアルタイムに観察することができる利点があります。

超音波検査は医療器具を直接肌に当てて検査します。
また、検査の際は画像を見やすくするために照明を暗めにし、必要に応じて衣服を脱いでいただきます。

その他のX線装置

移動型X線透視診断装置

移動型X線装置