医療法人笠寺病院

その他内視鏡検査


内視鏡的粘膜切除術(EMR:Endoscopic Mucosal Resection)

内視鏡的粘膜切除術(Endoscopic mucosal resection:EMR)は内視鏡を用いて筋層以下(粘膜下層の奥)に障害を与えずに、粘膜下層の深さで粘膜層を広く切除し、組織を回収する技術です。内視鏡の役割は患者さんのQOLの向上につながる低侵襲(ていしんしゅう)治療の実現のため、「広範囲の早期がんをより適確に、完全に、一括切除する」ことをめざしたEMRは、早期のがんに対し、従来の外科的治療に代わる新しい治療法として脚光をあびています。

EMRは開腹手術に比べ、患者さんの身体の負担が軽いため、今後も多いに期待される手技です。同時にEMRの技術(器具や道具の開発)も改良・応用され、様々な病変の検査、処置・治療に、幅広く利用されていくことと考えられます。

内視鏡的粘膜剥離術(ESD: Endoscopic Submucosal Dissection)

早期がんに対して行われている内視鏡治療は、開腹手術に比べて入院日数が短期間ですみ、また患者さんへの負担も軽くできるため、従来の外科治療に代わる新しい治療法として注目されています。

内視鏡を使った治療法には、スネアと呼ばれる金属の輪を病変部に引っ掛け、高周波電流を流して切り取る方法(内視鏡的粘膜切除術;Endoscopic mucosal resection:EMR)や、最近では、専用の処置具を使ってより大きな病変を切り取る方法も行われるようになってきています。これは内視鏡的粘膜下層剥離(はくり)術(Endoscopic submucosal dissection: ESD)と呼ばれています。

EMRは、治療が比較的短時間ですみますが、一度に切り取ることができる病変が、スネアの大きさ(約2cm)までと制限があるのに対し、ESDでは専用の処置具を使い、より広範囲に病変を切り取ることが可能な治療法です。

切り取られた病変は、最終的に顕微鏡でその組織の様子が確認されます(病理検査)。

このように、ESDでは大きな病変もひとかたまりで取れ、また病理検査でのより正確な診断にも役立つと考えられています。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP: Endoscopic Retograde cholangiopancreatography)

胆管の十二指腸への出口である十二指腸乳頭へ造影チューブ(細い管)を挿入していき、そこで内視鏡の先端から造影剤を注入して、胆管をX線撮影する検査です。胆管閉塞(へいそく)があっても鮮明な胆管像がみられ、胆管壁の異常部位やその大きさなどが観察できます。

経皮内視鏡的胃瘻増設術(PEG:percutaneous Endoscopic Gastrostomy)

PEGは、内視鏡を使って「おなかに小さな口」をつくる手術です。 つくられたおなかの口を「胃ろう」いい、また、取り付けられた器具を、「胃ろうカテーテル」 といいます。(カテーテル=管、チューブ)口から食事のとれない方や、食べてもむせ込んで肺 炎などを起こしやすい方に、直接胃に栄養を入れる栄養投与の方法です。
 PEGは欧米で多くもちいられてる長期栄養管理法で、患者さんの苦痛や介護者の負担が少ないという メリットがあります。
 現在、鼻から胃へチューブを挿入し栄養を送る経鼻胃管を行っている患者さまのご家族 の方は、一度お近くのかかりつけ医又は笠寺病院・消化器内科までご相談ください。

1、ペグってなんですか?

PEG(ペグ)とはPercutaneous Endoscopic Gastrostomyの頭文字をとったもので、経皮内視鏡的胃ろう造設術と言います。 PEG(ペグ)は口から食べれない人、飲み込むことができない人のために、胃に「小さな口」(これを胃ろうといいます)造る手術です。
胃ろうには、皮膚と胃に針穴を通して胃ろうカテーテルという直径7mm程度の細かくて柔らかいチューブを通します。これを通じて栄養を胃に直接とりこみます。

2、PEGは大変な手術ですか?

いいえ、大変な手術ではありません。PEG(ペグ)は細かい内視鏡(胃カメラ)を用いておこないますので、おなかに10mm程度の傷がつくだけで、出血も少なく、手術も15分程度で終わります。
皮膚の麻酔をしてからおこないますので、苦痛は軽減されます。

3、見た目はどうですか?

胃ろうは鼻から入れるチューブのように顔付近にチューブがありません。そのため患者さんや家族にとっても煩わしくなく、見た目も通常と変わりません。

4、食事を口からとれますか?

はい、とれます。
胃ろうをつくっても、可能な方は口から食事は出来ますし、むしろ好まないことです。口から食べた食物がおなかから出てこないかと心配される人がいますが、その心配はありません。

5、もとに戻せますか?

はい、戻せます。
口から十分に栄養がとれるようになったら胃ろうは不要になります。 状況を見て胃ろうカテーテルを取り去って、もとに戻します。胃ろうカテーテルを抜くと、胃ろうは閉じてしまいます。 おなかに開けた穴は数週間でほとんど目立たなくなります。胃ろうカテーテルを抜いたその日からでも食事ができます。

6、栄養剤は?

栄養剤はいろいろな種類があります。詳しくは医師に御相談ください。

7、在宅介護はできますか?

はい、できます。
長期における在宅介護では、鼻から入れるチューブや血管からの栄養剤の点滴と比較して、介護者の負担を少なくすることができます。医師に御相談ください。

8、胃ろうカテーテルの交換は必要ですか?

はい、必要です。
胃ろうカテーテルはいろいろな種類がありますが、いずれ定期的に交換する必要があります。多少痛みを感じることがありますが、麻酔なしで、外来でも在宅でも交換できます。交換については、医師に御相談下さい。

9、お風呂は入れますか?

はい、入れます。
シャワーはもちろん、全身バスタブにつかっても、おなかに水が入ることはありません。入浴は普通に行い、石けんでよく洗い、清潔にたもつことが大切です。ばんそうこうをはって入浴する必要もありません。

10、リハビリは?

飲む、食べるといった飲み込むための訓練は、鼻から入れるチューブがないので、肺に食べ物が間違って入ってしまう危険が少なく、より安全です。また、歩行訓練などにおいても鼻からのチューブがある場合に比べて煩わしくなく、そのため、患者さんの生活が向上し、リハビリも効果も上がります。

腹部超音波検査(USG:UltraSonoGraphy)

腹部にゼリーを塗って体表から生体内に超音波パルスを入射し、生体内の組織から反射してくる超音波を感知し、その強弱差を画像にする検査方法です。肝臓、膵臓、胆道をはじめとする腹部の検査に欠かせない検査として位置づけられています。簡便で患者さんの身体に負担が少ないというメリットがあります。

胆のうがんの疑いのある場合、血液検査に続いて行われる検査です。 CT検査と同様に、胆のう壁の腫瘤(しゅりゅう)(はれ)や異常な肥厚などを見つけ出します。早期の胆のうがんが発見されることもあります。

胃透視(上部消化管X線造影検査)(UGI)

上部消化管X線造影検査は、一般にいうバリウム検査のことで、X線を透過しない硫酸バリウムの乳化剤を飲んで、食道から胃・十二指腸までの上部消化管を造影し、テレビモニターで観察するとともに、X線撮影して、それらの臓器の病変を診断します。 食道、胃、十二指腸の病気の発見と診断のために行なわれます。特に食道がん、胃がん、胃・十二指腸潰瘍の診断に欠かせない検査です。通常のX線検査と違うのは、バリウムを飲んで、発泡剤で胃を膨らませて撮影するという点です。胃を膨らませて、その内面にバリウムを塗りつけた状態になるので、胃壁などに生じた病変を早い段階から発見することができます。

注腸検査(下部消化管造影)

注腸検査は、X線を使い、肛門からバリウムと空気を注入し大腸の病気(ポリ-プ、潰瘍、ガン)を調べる検査です。直腸・S状結腸・横行結腸・上行結腸・下行結腸など大腸全域を観察します。

画像・文章引用:オリンパス おなかの健康ドットコム
株式会社メディコン