部門のご案内

X線撮影装置

装置名:Radnext50(DHF-155H4組合せ)

装置名:Radnext50(DHF-155H4組合せ)

当院では、フィルムの代わりにIP(イメージングプレート)を使って撮影します。そのIPに蓄積された画像情報をCR(コンピューテッドラジオグラフィ)でデジタル化して画像をつくります。
ちなみに、この装置で撮影したものが俗に言うレントゲン写真で、「レントゲン」はX線を発見した人の名前です。

レントゲン写真 レントゲン写真